日帰り手術

医院での診療は、処置やお薬の処方が中心です。

医院での診療は、処置やお薬の処方が中心です。簡単な処置や薬で治療が可能であればよいのですが、すべての病気がそれだけで治癒するわけではありません。一方で、手術によって劇的な効果が得られたり、確実な診断を行ったりできる病気もあります。 当院では、滲出性中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入術(チュービング)や、アレルギー性鼻炎に対する鼻粘膜焼灼術といった局所麻酔で行う手術は院内で行っています。 全身麻酔が必要な手術については「日吉メディカルクリニック」と提携し、日帰りで手術を受けていただくことが可能です。手術当日に院長が日吉へ出張し、執刀致します。場所は異なりますが、執刀医が顔見知りであることで、落ち着いて手術を受けていただくことができると思います。

適用疾患
  • 声帯ポリープ、声帯結節(ラリンゴマイクロサージェリー)
  • 慢性副鼻腔炎(内視鏡下副鼻腔手術)
  • 鼻中隔弯曲症(鼻中隔矯正術)
  • 慢性穿孔性中耳炎(鼓膜形成術)
  • 滲出性中耳炎(小児のチュービング)

手術の流れ

手術までに計2回、「日吉メディカルクリニック(東急線・横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉」駅1分)」まで足を運んでいただく必要があります。

  • step.1【当院】

    手術日程が決まりましたら、「日吉メディカルクリニック」宛に情報提供書を作成します。手術に関する説明も、当院で行います。

  • step.2【日吉】

    手術予定日の1か月前を目安に、「日吉メディカルクリニック」を受診。手術前検査、手術当日の注意事項等を聞いていただきます。

  • step.3【日吉】

    手術当日。手術は原則木曜日または土曜日になります。

  • step.4【当院】

    術後経過観察。以後の診察はすべて当院にて行います。

提携日帰り手術のメリット

  • 1担当医が代わることなく、初診から治療完了まで責任をもって対応

    病院を紹介する場合、改めて担当医との関係を築かなければならず、ストレスに感じる方もいます。初診時からの信頼関係を維持しながら、手術、術後管理まで責任をもって対応致します。

    担当医が代わることなく、初診から治療完了まで責任をもって対応

  • 2入院不要の全身麻酔手術

    特に忙しい方には、日帰りでできるメリットは大きいと思います。病院で全身麻酔を受ける場合、最短でも2泊3日程度の入院を要することが殆どです。※入院を必要とする疾患、手術に関しては、従来通り近隣の病院をご紹介します。

    入院不要の全身麻酔手術