ごあいさつ

施設長:稲垣康治

病児保育室 おおきな樹 施設長
稲垣 康治
施設長

待機児童問題が日常的にニュースで取り上げられ、子育て世代の働き方が多様化している現在、行政機関も保育事業やサポート体制の充実に努めています。町田市でも高い認可整備率、送迎保育ステーション事業など、他市に先駆けた事業を積極的に展開していますが、一方で児童の急な病気に対応できる病児保育のニーズはあるものの、市の体制は十分とは言えない状況でした。 この度、稲垣耳鼻咽喉科医院の建て替えに伴い、市内2番目の病児保育施設として「病児保育室 おおきな樹」を開設いたします。当施設は町田駅徒歩圏内にあり、通勤の行き帰りにご利用頂きやすい立地にあります。また市内初の試みとして、お迎えサービスも実施します。 病気のため集団保育が困難かつ保護者が仕事のため自宅での看護が受けられない児童の受け皿となり、子育て世代が安心して就労できる環境整備に貢献したいと願っております。 皆様から信頼され、愛され続ける施設になるよう努めてまいります。どうぞよろしくお願い致します。

主任看護師:山縣さなえ

主任看護師
山縣さなえ

働くお母さん・お父さんにとって、子どものことは、常に大事に思っていながら、いつも遊んであげられない、疲れてしまって上手に関われないと、家事との両立とともに悩みどころの一つかと思います。私自身もそうでした。病気の時くらい一緒にいてあげたいと、後ろ髪惹かれつつ、仕事も穴をあけられないと、悩むお母さん・お父さんの手助けとなれば、私たちは、幸いです。私たちスタッフは、お母さん・お父さんには代われないですが、病気の子どもを見るプロとして、お子さんが少しでも快適に過ごせるようにお手伝いをさせていただきます。お子さんは、小さくても両親の真摯な対応をわかって、成長しています。病気の療養に疲弊してしまって、笑顔が出ないお母さん・お父さんになる前に、療養中のわからないことがあれば、助言・対応させていただきますので、何なりとご相談ください。
今回新たに行う、お迎えサービスも、みなさんの安心の一助になれば、と思っています。
お子さんからも、ご家族からも、利用してよかったと思われるケアができるよう、努めてまいります。