Q1 耳鼻科? 小児科?

Q1 耳鼻科に行くか、小児科に行くか、  迷うことがあります。

カゼの症状(発熱、鼻水、せき、たん)の時、基本的には耳鼻科、小児科、どちらでも対応は可能です。一般的な処方薬もほぼ同じです。

<特に耳鼻科をお勧めする場合>

「耳が痛い」、「耳だれが出た」、「鼻が詰まる」、「鼻水が出る」、「のどが痛い」

耳鼻科と小児科の一番大きな違いは、「処置」の有、無です。

「耳あか」があるだけでも、中耳炎の正確な診断は出来ません。耳鼻科では耳あかを取って、鼓膜の状態を詳細に評価することができます。

また小さなお子さんは上手に鼻がかめなかったり、かんでも奥の方に残ってしまったり、なかなかスッキリしません。鼻かぜの場合、鼻に空気が流れる状態を作ることが回復への近道です。耳鼻科ではそんな症状を鼻処置で取り除くことができます。

<特に小児科をお勧めする場合>

「胸がゼーゼーして苦しそう」「呼吸をするとヒューヒューいう」

これらは気管支炎や肺炎、または喘息を疑う症状です。のどから下の病気を疑う場合は、小児科で聴診をしてもらいましょう。

 

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.