突発性難聴

【突発性難聴(sudden deafness)】

lowtone

ある時突然発症した難聴のうち、内耳(耳の奥にある、音を感じるセンサー)に異常が生じ、かつ原因が明らかではないものを突発性難聴といいます。

 

原因

突発性難聴の原因は分かりませんが、これまでの研究から内耳循環障害とウイルス性内耳炎が最も有力な病因と考えられています。内耳循環障害、つまり内耳の血のめぐりが悪くなる原因としては血栓(血液が固まったものが栓まる)や、塞栓(動脈硬化の原因になるものが栓まる)、出血、血管攣縮(血管のけいれん)などが挙げられていますが、多くの突発性難聴は中年の比較的健康な方に生じることが多く、高齢者ほど生じやすい血栓、塞栓、出血などが原因と考えるのは無理があり、むしろストレスによって血管のけいれんが生じることが病因となると考えられます。また、突発性難聴になる前に風邪をひいていた方も多いことから風邪のウイルスによって生じる内耳の炎症も有力ですが、これまでのところ突発性難聴の原因となるウイルスは分かっていません。

診断

突然発症した感音難聴(内耳の障害)で、原因不明であれば突発性難聴と診断します。また難聴以外の症状として、耳鳴り、めまい、吐き気を伴うことがありますが、これらの症状を繰り返すことはありません。

診断には聴力検査を行う必要があります。厳密に言うと、突発性難聴と症状が似ている病気、例えば聴神経腫瘍やメニエール病などではないかどうか、聴性脳幹反応という脳波の検査やめまいの検査、そして脳のMRI検査などを行って診断が確定しますが、全ての症例で行う必要はないと考えます。治療で改善が思わしくない場合、必要に応じて追加の検査をお勧めします。

治療

突発性難聴の発症にはストレスや疲労が関わっていることが多く、急性期の治療として安静が最も重要です。安静のみで自然治癒する可能性もありますが、難聴の程度によっては入院治療が必要になる場合もあります。内耳の循環を良くするATPなどの血管拡張薬や向神経ビタミン製剤(ビタミンB12)、そして副腎皮質ステロイドによる治療が基本です。ステロイド治療を約1週間行い、全体では2~3カ月の治療が必要になります。

 突発性難聴の治療による回復は様々であり、全体の3分の1は完全治癒、3分の1は改善しますが完全治癒までは至りません。そして、残りの3分の1はどのような治療を行っても改善がみられません。どうしてこのような治療効果の違いが生じるのかはまだ分っていません。

稲垣耳鼻咽喉科医院

ページトップへ

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.