耳鳴

【耳鳴り】

耳鳴り「布団に入るとキーンという音が気になる」、「一日中セミが鳴いているよう」、そんな症状が耳鳴りです。周りの人には理解できない症状でもあり、本人にとっては余計に辛いですよね。

 

 

原因

耳鳴りの多くは内耳(音と平衡感覚のセンサー)の障害によるものと言われていて、難聴を伴っている場合が多いです。内耳が障害される原因は様々(ストレス、加齢、血流障害・・)ですが、障害を受けた内耳細胞から電気信号が生じ、その信号を神経が受信して脳の聴覚野に送ります。すると、あたかも音が鳴っているかのように脳が感じてしまうのです。

診断

耳鳴りは本人にしかわかりませんが、聴力検査によって内耳のどの部分が、どの程度障害されているか調べることができます。障害の部位によって、治療法が異なる場合があります。

治療と対処法

耳鳴りの治療は、まず耳鳴りを理解することから始まります。患者さんの多くは、耳鳴りそのものの煩わしさと同時に「何か悪い病気のサインではないか」という不安を抱えています。実際、例えば脳梗塞や脳腫瘍など重大な病気があった場合、耳鳴り以外にも他の症状が現れることが多いので、「耳鳴り」だけで隠れた病気を不安に思う必要はありません。また、実は耳鳴りは誰にでも感じられる体の現象です。音のない場所、例えば静かな森の中に行ったとします。そんな時よく「シーン」という表現を使いますが、これも耳鳴りです。普段は雑音の中にいて、誰しも耳鳴りを意識していないだけなのです。耳鳴りを感じる人の多くは難聴を伴っているため、音の入力レベルが低下しています。そうすると相対的に耳鳴りが際立って聞こえてしまうのです。このような耳鳴りの本質を理解するだけでも、多くの方の苦痛が和らぎます。とは言っても耳鳴りを感じている人は、脳の自然な働き(苦痛ネットワーク)によって不安が増長されることが少なくありません。不安の増長に伴って、不眠などの身体的影響が現れることもあります。

「原因」のところで述べた通り、耳鳴りの素となる内耳障害の原因は様々です。薬の治療で良くなるものもありますが、多くの場合は根本的な治療法がないのが現状です。とすると、耳鳴りを「ピタッ」と止める方法はないことになります。ですが心配しないで下さい。治療の目標を、「耳鳴りを止める」ではなく「耳鳴りが辛くなくなる」に置き換えてみましょう。

耳鳴りが辛くなくなる仕組みは、実は本能的に備わっています。「脳の可塑性」といって、長く耳鳴りが続くと、脳が耳鳴りに対する警戒を解いてくれます。だたし、これが安定するまで1年かかると言われています。他に薬物療法によって苦痛ネットワークを抑制したり、不眠を解消したりすることも可能です。また音響療法といって、補聴器の装着や音のある環境に身を置く(寝室にラジオをつける)ことによって、相対的に際立っていた耳鳴りを抑制することも可能です。

辛い耳鳴りから一人でも多くの方が、一日も早く解放されるよう、お手伝いできれば幸いです。

稲垣耳鼻咽喉科医院

ページトップへ

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.