咽喉頭異常感

【咽喉頭異常感(いんこうとういじょうかん)】

「のどに何か引っかかる感じがする。」「何か詰まっているような気がする。」そんな症状はありませんか?

原因

のどに異常を感じる原因は様々です。風邪でのどが痛くなる場合や、魚の骨が刺さった場合などは 原因は明らかです。しかし息苦しさや痛みもなく、自分では原因がわからずに、違和感だけがあるケースも数多くあります。そのような場合のどを観察すると、形態的な異常がある場合と、ない場合があります。

形態的な異常がある場合、のどに腫瘍(良性・悪性)ができていたり、のどの粘膜に炎症があったりすることがありますが、このようなケースは極少数です。

より多くの方(のどに違和感を感じる方の95%以上)は、形態的な異常を認めない、いわゆる「咽喉頭異常感症」です。咽喉頭異常感症の原因を明示すことは困難ですが、中には胃酸の逆流(逆流性食道炎)が原因である方が2~3割くらいいると言われています。

診断

のどの観察は、経鼻内視鏡検査が最も有用です。鼻の穴から細長い内視鏡を挿入し、のど(食道の入り口まで)をよく観察します。形態的異常があれば、小さな病変でも発見することが可能です。

この検査で異常が見られない場合は、咽喉頭異常感症と診断します。「がんが心配」という理由で受診される方も多いですが、この検査で異常が見られなければ、少なくとものどのレベルでがんはないと思っていただいて結構です。検査費用は保険3割負担で1,800円になります。

咽喉頭1 咽喉頭2 咽喉頭3

経鼻内視鏡の所見(正常例)

左から順に、徐々にズームアップしています。

治療

まず明らかな原因があれば原因を取り除く治療をしますが、咽喉頭異常感に対しては確実な治療方法はありません。逆流性食道炎を疑う場合、胃酸を抑える薬(PPI:プロトンポンプインヒビター)が有効な場合があります。その他の場合、Bスポット療法というのどのマッサージ治療や、特に治療をせずに様子を見て頂くこともあります。症状の強い方(気になって仕事が手につかない、夜眠れない等)に対しては、安定剤を処方することもあります。いずれにしても様子を見ていて体へ悪影響を与えるものではありません。検査の結果異常がないことがわかると、それだけで症状が和らぐ方もいます。

稲垣耳鼻咽喉科医院

ページトップへ

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.