舌下免疫療法について

スギ花粉症に対する舌下(ぜっか)免疫療法について

今や国民病ともいうべき花粉症。その代表格のスギ花粉症に対する新しい治療薬「シダトレン」が、平成26年10月より販売開始となりました。当院でもこの治療薬の処方を開始いたしました。多くの患者さんが期待する治療法だと思いますが、ここではその概要についてご説明します。

1.これまでの治療法との違い

これまで花粉症(アレルギー性鼻炎)に対する治療法は、薬でくしゃみ、鼻水、鼻づまりといった鼻症状や目の痒みなどを抑えたり、鼻の粘膜を手術によって花粉に反応しにくくしたりする「対症療法」が中心でした。それに対し、舌下免疫療法は花粉に反応する体質そのものを改善する「根本的治療」です。

2.舌下免疫療法とは

これまでも減感作(げんかんさ)療法と呼ばれる根本的治療はありましたが、注射で行うために頻回の通院が必要であり、また注射による痛みを伴うため、広く普及しませんでした。舌下免疫療法は自宅での投与が可能なため、より簡便な治療法といえます。どちらの治療法も原因となる抗原(スギ花粉)を投与し、徐々に抗原に反応しにくい体質に変えてゆくという点では同じですが、アレルギー全般に有効な万能治療ではありません。また「アナフィラキシーショック」など、治療による副作用にも十分な注意が必要です。

現時点では保険適応となる舌下免疫療法は、スギ花粉症に対してのみです。他の花粉やダニ、ハウスダストなどについては、今後適応が拡大される可能性があります。

3.実際の治療

治療の前提として、スギ花粉症であることを確認する必要があります。血液検査でスギ花粉症が確定したら、「シダトレン」というスギ花粉エキス製剤を舌の裏側に1日1回滴下する治療を開始します。初回のみ副作用を確認するために院内で投与しますが、問題がなければ翌日から自宅で行っていただきます。最初は濃度の薄い製剤から、2週間かけて徐々に投与する薬の量を増やしていきます。3週間目以降は維持量となり、これを3年間継続します。その間は月に1回の受診を続ける必要がありますので、簡単とはいえ、なかなか根気のいる治療です。また舌下免疫療法は治療開始直後と花粉飛散シーズンに副作用(強いアレルギー反応)が出やすくなるため、両者が重なることは望ましくありません。よってスギ花粉の飛散時期(1月~5月)には新規治療を開始できません。

治療にかかる費用の概算は以下の通りになります。(3割負担の場合

◎ 初診時(初診料+アレルギー検査):約5,600円

*過去5年以内にスギ花粉症の診断を受けた方は、検査結果を持参してください。結果を確認できた場合に限り、初回のアレルギー検査なしで治療を開始できます。その場合の初回費用は、初診料(約1060円)+薬剤費(470円) となります。

〇 治療1回目(初診から1週間以降) 再診料(約600円)+薬剤費(470円)

〇 2回目(治療1回目から1週間後)以降 再診料(約600円)+薬剤費(1460円)  

*鼻炎やその他の症状がある場合、他に処置、薬剤費がかかる場合があります。

4.治療の効果

70-80%の方に有効な治療です。また有効な方でも、完全に症状が消える方は20-30%程度です。それなりに根気も費用もかかる治療ではありますが、残念ながら全ての方に有効とは言い切れず、治療効果にも個人差があります。

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.