アレルギー性鼻炎・花粉症

 

【アレルギー性鼻炎・花粉症】

 

花粉症外部からの刺激に対しする免疫の異常反応をアレルギー反応といいます。アレルギー性鼻炎は空気中の刺激物(抗原)が鼻の粘膜を介して「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」の3大症状を引き起こす、アレルギー反応のひとつです。花粉症は花粉の刺激によって起こるアレルギー反応の総称で、主に鼻炎や眼痒みといった症状が出ます。

 

原因

アレルギーは「病気」というより「体質」と考えた方が良いでしょう。遺伝的要因が大きく、環境によって発症したり、しなかったりします。発症のきっかけとなる原因物質(抗原)は、ハウスダスト、ダニ、花粉(スギ、ヒノキ等)、カビ、動物(イヌ、ネコ等)等々様々ですが、小児ではハウスダスト(通年性アレルギー)が、成人では花粉症の7割といわれるスギ花粉(季節性アレルギー)が代表的です。

診断

発症の状況から概ね診断可能ですが、原因物質の特定を含めた確定診断は血液検査で行います。原因物質が特定できると、対策を立てやすくなるメリットがあります。またその時点でのアレルギー反応の強さを調べるため、鼻汁好酸球検査を行うこともあります。

対策と治療

アレルギー性鼻炎対策の基本はやはり「抗原に触れないこと」です。花粉症の方はシーズン中、セルフケアとして外出時のマスク着用が最も有効で、その他にも花粉を室内に持ち込まない工夫(花粉の付着しにくい服装)や室内での飛散を防ぐ工夫(加湿器の使用)、鼻洗浄(自宅でできる鼻洗浄器、当院にて販売中)も有効です。しかし残念ながらそれだけで症状を完全に抑えることはできません。毎年花粉症でお悩みの方には、「初期療法」をお勧めします。花粉が飛散する1~2週間前から抗ヒスタミン薬や抗ロイコトリエン薬の服用を開始することにより、シーズンを通して症状を軽減することができます。それでも花粉飛散のピーク時には症状の悪化が予想されますので、内服薬点鼻薬を追加投与した方が良いでしょう。最近は水なしで飲める錠剤が増え、いつでも簡単に内服できるようになりました。点鼻薬も1日1回で効果が持続するタイプが主流となり、以前より使いやすくなっています。また、眼の痒みを伴う方には点眼薬も処方できます。

重症の花粉症や通年性アレルギーでお悩みの方には「手術療法」も有効です。手術療法は鼻の粘膜をレーザーや薬物で破壊して、抗原が付着してもアレルギー反応が起こらないようにする治療法です。当院ではトリクロール酢酸を用いた治療を行っています。特に強い鼻づまりでお悩みの方には有効性が高く、比較的簡便に行うことができます。薬を2~3種類飲んでも症状が改善しなかった患者さんが、「薬なしで大丈夫」と大変喜ばれることもあります。(詳細はこちら

花粉症を根本的に治す唯一の治療法として「減感作療法」があります。これまでは数年間通院と注射を繰り返す必要があり、大変根気と労力を要する治療でしたが、平成26年から口腔内投与による簡便な減感作療法(舌下免疫療法)が承認されました。当院でも平成26年10月より治療が受けられるようになりました。治療の詳細についてはこちらをご覧ください。

稲垣耳鼻咽喉科医院

ページトップへ

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.