#7119 ご存知ですか?

2017-09-27

みなさん、夜間や休日に急に具合が悪くなった時、どうしますか?

軽症であれば翌日まで我慢することもできるでしょう。

生死にかかわると思えば迷わず救急車を呼ぶと思います。

ですがやや症状が重かったり、これから悪くなるかもしれないと不安に思う時、困りませんか?

このまま様子を見ていいものか、すぐに病院に行った方がいいのか・・・

すぐに救急車を呼ぶのも気が引けるし・・・

そんな時、#7119をご利用ください。

#7119 は東京消防庁の救急相談センターに繋がります。

センターには救急相談通信員、看護師、医師が24時間常駐していて、様々な相談に対応してくれます。

「病院にかかりたいけど、今開いている病院を知りたい」

 住所を伝えると、近くで受診できる病院を3ヵ所教えてくれます。

「胸が締め付けられるような感じがするけど、どうしたらいいでしょう?」

 急変の可能性がある場合、そのまま119番に転送してくれます。

 

先日、この救急相談センターの相談医として初めて勤務してきしました。

休前日の夜8時から12時間の勤務でしたが、通信員8名、看護師8名とともに、約300件の相談に対応しました。

センターには息切れ、動悸、腹痛や頭痛、転倒や怪我、精神的な不安などあらゆる相談が寄せられます。

子どもの耳痛やめまい、のどの症状など、耳鼻咽喉科領域の相談や、町田市からの電話も結構ありました。

相談医は病院を受診すべきか、受診するならば何科を勧めるか、といった最終判断を求められます。

勿論直接診察していないので確定的なことは言えませんが、少しでも不安要素があれば受診を勧めます。

その際に受診できる病院を伝えるので、患者さんも病院探しで困ることはなさそうです。

 

救急相談センター開設から10年経過していますが、一般市民の認知度はどうでしょうか?

以前より相談件数は増えているようですが、私の印象ではまだまだ十分認知されているとは思えません。

市民への啓蒙とともに、我々医療者の協力体制も更に強化したいところです。

これも一つの地域貢献として、出来る範囲で協力したいと思っています。

 

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.