4月スタート:町田市介護予防・日常生活支援総合事業

2017-02-14

昨年4月から、町田市介護認定審査会の委員をしています。月2回審査会に参加し、支援・介護を希望する方々の申請書を確認して5名の委員による合議で介護度を決定しています。(月2回、月曜午後の診療開始が変更になっているのはこのためです。)

先日、審査会委員全体研修会に参加してきました。今回は今年4月から開始される「町田市介護予防・日常生活支援総合事業」についての説明が中心でした。

現在、高齢化が急速に進んでいます。50年前には現役世代9.1人で1人の高齢者を支えていたものが、現在は2.4人で1人、そして2050年には1.2人で1人の高齢者を支えるようになると予想されています。正直、びっくりする数字です。

将来、現役世代の負担を少しでも軽減する方法とは? ➡「元気な高齢者を増やす」「健康寿命を延ばす」

そこで町田市では、これまで介護保険でカバーできていなかった部分についても支援し、要介護者の増加を未然に防ぐ方針を立てました。詳しくは、町田市役所のホームページでご確認下さい。

私もまだ40代ですが、30年後に自立した生活ができるように、今から準備をしておく必要があるかもしれません。

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.