7月14日は「内視鏡の日」

2015-07-14

先日、電車内の広告を見ていたら7月14日は「内視鏡の日」だと初めて知りました。 確かにゴロ合わせで 7(な)1(い)4(し)ですね。

内視鏡にも色々あって、様々な医療分野で活躍しています。耳鼻咽喉科領域でも目的によって観察用、手術用など、内視鏡を使い分けています。

日常診療で最もよく使うのが軟性内視鏡です。当院では患者さんへの負担が少ない、先端が細いタイプの内視鏡を使用しています(写真参照)。

耳、鼻、のどはご自分では見えないところです。医師の目で見るだけでも病気の診断は出来ますが、内視鏡のモニターを使えば患者さんご自身にみていただくことも可能です。

当院では患者さんの「知りたい」にお応えするため、出来るだけ内視鏡の画像を一緒に見ながら、説明を加えながら診察するようにしています。ご自身の声帯を初めてみて、感動される方もいらっしゃいます。

病気の状態を知って、納得して治療を受けていただきたいと願っています。

equipment_pentax01 equipment_pentax02

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.