激しく同感です!

2015-03-27

昨日、barboraさんという方がツイッターで紹介した「耳鼻科の院長先生が子どもの保護者へ宛てた貼り紙」が、ネット上で話題になっています。

同業者として日頃から思っていることを、端的に表現されていて素晴らしいと思いました。

私も小さなお子さんを診察するときには、出来るだけ「ポジティブ」な声掛けを心掛けていますが、どうしても「ネガティブ」な面が強調されてしまう時もあります。

お子さん本人と保護者、そして医者である私、3者が同じ目標(病気を治すこと)に向かって力を合わせやすいように、ちょっとした声かけや雰囲気作りを大切にしながら、日々の診療を行っていきたいと思います。

無題

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.