妊婦さんのインフルエンザ予防接種

2014-10-21

毎年冬になると流行するインフルエンザ。

実は私、今までインフルエンザに罹ったことがありません。ですからインフルエンザで受診される患者さんがどのように、どの程度辛いのか、実感したことがないんです。 それでも多くの患者さんを診ていると、「絶対罹りたくない!」と正直思ってしまします。

そんな私も予防接種は毎年受けています。予防接種をしているから罹らないのか、元々免疫が強いのかは断定できませんが、統計的に見れば予防接種はとても有効です。

当院では昨シーズンから予防接種を開始しました。中には接種後に罹患した方もいらっしゃいましたが、症状は軽く済んでいた印象が強いです。

インフルエンザワクチンの場合、有効期間は接種後2週間から5カ月程と言われています。ですから流行期が1月下旬~3月上旬とすると、10月中旬~年内の接種が良いと考えます。

また妊婦さんの接種についてよく質問を受けます。基本的には妊娠中の接種をお勧めしています。                                                   妊婦さんでも妊娠全期間において接種は可能とされています。ですが不測の事態を考え、出来ればより安定期に近い時期の接種が望ましいと考えています。例えば今日、10月21日に妊娠10週で相談を受けた場合、「12月まで待ってから接種しましょうか。」とお話しています。

 

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.