ブログ開始しました! (スギ花粉症の新しい治療の情報も)

2014-10-06

皆様、こんにちは!

院長の稲垣康治(こうじ)です。

地元・町田で仕事をするようになって1年。ちょっと余裕ができたから、というわけではありませんが、ブログをはじめてみようと思います。

旬の話題から豆知識の紹介、少しプライベートも公開しつつ、自分自身楽しみながら公開できたらと思っています。

どうぞ宜しくお願いします。

さて、最初の話題は毎年春になると多くの皆さんを悩ませる、スギ花粉症に関する情報です。この10月から、スギ花粉症に対する新しい治療薬が発売されます。名前は「シダトレン」。

シダトレンはこれまでの治療薬と何が違うのか? 全然違います。

一般的な薬が鼻炎などの症状を引き起こす原因物質を抑制する成分が中心であるのに対し、シダトレンはスギ花粉そのもののエキス製剤です。わざとスギ花粉に接触させることで、スギ花粉に反応しにくいように体質を根本から変えるお薬です。(舌下免疫療法といいます)

こう話すと、シダトレンが完璧な薬に思えるかもしれませんが、欠点もあります。

とにかくこの治療は根気が要ります!2~3年の間、症状のあるなしに関係なく(花粉飛散時期以外の多くの期間は自覚症状はないと思います)、毎日薬を飲み続けなければいけません。当然ながら、その間は定期的な通院も必要になります。また、そうして頑張った結果、3割程度の人には思ったような効果が表れないこともありますし、スギ花粉以外のアレルギーをお持ちの方の症状を改善させる薬ではありません。スギアレルギーの人にあえてスギ花粉エキスを投与するので、副作用の問題も忘れてはいけません。

ですから私個人としては、通常の薬や手術ではコントロールできない、重症のスギ花粉症の患者さんを助ける手段として位置付けています。

とはいえ、多くの方が期待を持っているこの治療法。希望する患者さんとよく相談しながら、治療の適応を探っていきたいと思います。

 

 

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.