カゼをひいたらどうする? その2

2014-10-17

その1からの続き

では、カゼをひいてしまったらどうしますか?

一番大事なことは「免疫力」を高めることです。体調が悪い時は無理をしないで睡眠と栄養をよく取ること。誰でもわかっていると思うことですが、意外と出来ていないのが現状です。多くの方が、「カゼ薬を飲めば治る」と信じていますが、カゼに特効薬はありません。                                                     カゼの症状で受診する方がよく口にするのが、「カゼ薬を飲んだけど治らない」という言葉です。ですが私の感覚からすると、当たり前のことです。                                                                                                      とはいえ、カゼの症状が辛いのは事実ですので、医者がお手伝いできるのは、その症状を緩和して差し上げることです。そのために症状に合わせて処置を行ったり、薬を処方したりします。           

カゼをひいた時、何科を受診しますか?

カゼにも色々な症状がありますが、より多くの方がまず内科や小児科を受診するのではないでしょうか。呼吸がゼーゼーする、下痢がひどい、などの症状の場合は内科・小児科が正解です。しかし、特に鼻水、鼻づまり、のどの痛み、声のかすれ、痰や咳などの症状の場合、耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。その理由は、内科にはない、耳・鼻・のどの正確な診断ツールを持っていることと、薬を処方する以外に処置も行えることです。特に小さなお子さんは、急に「耳が痛い」と泣き出して、中耳炎を併発しているケースも多く、また自分で鼻がかめないため、大人以上に鼻の処置が有効です。

Copyright(c) 2013 inagaki-ent All Rights Reserved.